足のタイプ別木型の解説

ジュリエットのタイプ別 木型の特徴


外反母趾シューズの正しい選び方

標準の3に比べ若干 甲の高さが薄く,踵幅も若干狭めてありスッキリとした足の方向き
3に対し横幅は同じであり全長は若干長く伸ばすことにより指幅にも余裕を持たせる設計
当社7cmヒールでも、フィット感が高く 最も足がずれ難い最新木型
対応シューズNo: No19 No20 

ヒールの高さ 5cm 7cm


外反母趾シューズの正しい選び方

標準の3に比べ底の幅 が広く 又 甲も厚く当社でもっとも大きなタイプでガッチリした 方向き
高さ 幅ともに有る為 指の自由度も高いため 調整の幅も広く重度の方にも対応可能 7cmヒール専用

対応シューズNo: No18PRO

ヒールの高さ 7cmフレアヒール専用


外反母趾シューズの正しい選び方

標準的な甲の高さ幅での外反母趾設計の木型で つま先の尖ったデザイン
オーソドックスに標準の甲高 標準の踵幅の方向け

使用シューズNo: No75 No751 No5 No6 No7 No8

ヒールの高さ5cm 5cm太 7cm


外反母趾シューズの正しい選び方

つま先の丸みのあるオブリックタイプのデザイン3の標準タイプに比べ 全長はわずかに短い
最大幅は同じですが指部分の幅は当社中 最も広く指の自由度が高い
1に比べヒール、甲の高さ共に若干スリムで足へのフィット感を上げ7cmヒールに対応しております。

対応シューズNo: No80 No85 No90 No519

ヒール高の高さ5cm 7cm


外反母趾シューズの正しい選び方

ローヒール用の外反母趾木型 ハイヒール用に比べ足が前にずれにくい ワイズ(ボール周りの周囲)が2に比べ余裕が有り指の自由度も高く 長時間履いても負担が少なく練習等に最適 オブリックタイプ

対応シューズNo: No358 No359 No417 No518
ヒールの高さ 3.5cm 4.5cm 5cm 5cm太ヒール


外反母趾シューズの正しい選び方

つま先に余裕があり、外反母趾木型程ではないがソール形状を見直して 本来の足の形状に近い形状で
足に無理の無い 負担の少ない外反母趾を予防する設計

対応シューズNo:No777 No778
ヒールの高さ 5cm 7cm 



特定商取引に基づく表記